出会い系サイトの活用ガイド

出会い系サイトにはそれほど期待はしていなかった

彼女がいない歴というのが半年も経ってしまいました。彼女がいないというのは、精神的にもきついし、また毎日の生活にもハリがなくてつまらない毎日を送っていたのです。職場にいる女性は、既婚者ばかりなので、恋愛対象外です。家と職場の往復の日々というのは出会いなんて全くないので、このままでは彼女どころか女友達さえもできないので、何とかしないと思い、彼女探しをするために、出会い系サイトに登録することにしたのです。ただ出会い系サイトにはそれほど期待はしていなかったのですが、僕が登録した出会い系サイトというのは、なんと地域別に検索が出来るので、これは画期的な機能だなと思いました。地域別に相手を探せるならすごくいいと思って、有料会員登録したのです。3人目に知り合った女の子とメールのやりとりが出来るようになりました。3人目でもうメールのやり取りができるようになるなんて、その早さにびっくりしました。ただ写真がすごくかわいかったので、もしかしてサクラなのかもと疑ったのですが、取りあえずはメッセージのやりとりをしてみたのです。何回かやりとりをしていくうちに、会ってみたいなと言う気持ちも芽生えたのですが、とりあえずは慎重に行こうと決めて会おうという話は一切しなかったのです。ただ1か月くらいたった頃に、そろそろ会いたいと言っても大丈夫かなと思い、ご飯でも食べに行きませんか?というメールを送ると、いいですよ。と言う返信が返ってきたので、会うことになったのです。実際に会って食事をしながら話をしたらものすごく盛りあがって、なんと次に会う約束もできたのです。5〜6回会ったころに、思い切ってお付き合いを申し込んだのですが、にこにこしながら、私もお付き合いしたいなって思っていたんですといってくれたのです。僕は天にも昇るような気持ちでした。今は、彼女のおかげで充実した日々を送っています。出会い系サイトに登録して本当に良かったと思っています。

優良サイトPCMAXは出会い系SNSといった感じ

40代半ばの独身の会社員の私は、以前に出会い系サイトにハマっていた時期あって、その時というのは、女友達との出会いが目的で毎晩のように何十人という女性に、メールを送っていたのですが、その中で返信があったのは、本当に数名でがっかりしました。なので、自分の中で出会い系サイトでは出会いなんてないと思い始め、暫く出会い系サイトは止めていたのです。昔、出会い系サイトにハマった人けど結局出会いなんてなくて、もう止めてしまったという人も多いのではないかと思いますが、最近は優良サイトが増えてきているといまでも出会い系サイトをしている友人が言っていました。友人に教えてもらった優良サイトPCMAXは出会い系SNSといった感じです。このサイトは実は、創設10年という老舗サイトだと知ってびっくりしました。このサイトというのは、普通の出会い系サイトの様な一対一のやり取りではなくて、複数でワイワイ盛り上がろうというようなものです。私自信はそのような楽しみ方をしているのです。アバターを利用してチャットを行っています。大抵、毎日同じメンバーなのですが、仕事の愚痴を言いあったり、家庭の愚痴を聞いてあげたりだとか、まるで友人のような感覚の話で盛り上がっているのです。このチャットは同時に10数人で話せるのです。またチャットする相手がいない時間などには、ゲームをすることもできるのです。ここのゲームは昔ながらのゲームなどもあるので、私でも十分に楽しめるのです。ゲームをしているうちに、誰かがやってきてチャットが始まると言うことも多々あるのです。また出会い系サイトなので、掲示板ももちろん設置されているのです。たまに覗いてみるのですが、今は個人的な出会いよりもみんなでワイワイとチャットで盛り上がっている方が楽しいので、チャットに夢中な毎日です。PCMAXは、私のように出会い目的でない人も十分に楽しめるサイトなのです。

時間的また出会える確率的にも効率よく出会う

出会い系サイトにおいて、その相手と出会える確率というのは、会うまでにやり取りしたメールの回数が大きく関係してくると思うのです。メールは多すぎても少なすぎても駄目なんです。初めて送るファーストメールでいきなり会う話を持ち出しても大抵の場合、断られるのがオチです。反対に何十回もメールをするというのも万が一、断られた場合に無駄になってしまいます。初めてのメールにおいていきなり会う話を持ち出す男性って、出会えるなら誰でもいい人という印象を与えてしまうと思うのです。なので、会う話を持ち出しても、ほとんどの場合断られる確率が高いと言えます。それと、丁寧さや誠実さをアピールしようとして何十回もメール交換をしたところで逆に、会う気がない人と女性がフェードアウトしていくという事も十分に考えられるのです。出会い系サイトにおいては、時間的また出会える確率的にも効率よく出会うために、少な過ぎず多過ぎない回数のメールで出会う話を持ち出すというのが最も理想的なのです。じゃあ、少な過ぎず多過ぎない回数って何回くらいなのかというと、会うまでのメールの回数に関していえば、実はこの回数がベストという数字は存在しないです。やっぱり出会い系サイトでの男女の会話というのが当人同士の性格またその時のシチュエーション、そして会話の展開の仕方などよって左右される面がある方なんです。それでもある程度の目安というのは、初めてメールをしてから5回目以内にはメアド交換や写メ交換をして、その後さらに数回以内のメールで会う話をもち出すのです。ファーストメールでは自己紹介や自分の希望、また相手に対する質問等を書いて、セカンドメール以降の数回において、お互いのことを知り合うという流れを作り、メールアドレス交換の話題に自然とシフトさせていくのです。何も考えずに適当にただメールの回数を重ねた場合より、このようにあらかじめメールの流れをつくっておけば、うまくいく確率が高いと言えるのです。出会い系サイトでのメールについては、直接メアドを交換してしまえば、その後に何回メールしても気になることはなにもないわけなので、ファーストメールから5回くらいがひとつの目安になると言えるのかもしれませんね。